Recent Trackbacks

« CAVOK通信 第61号 | Main | CAVOK通信 第63号 »

March 01, 2019

CAVOK通信 第62号

〇改めて地震への備え

今年も3.11が近づいてきました。あれからもう8年になります。
昨年夏に被災地を訪ねる機会がありましたが、復興は進んだと言え、
その爪痕はいたるところに残っていました。

また、政府の地震調査委員会が2月26日に発表した日本海溝の
活動予想では、宮城県沖でマグニチュード7クラスの大地震が
起こる可能性は今後30年以内に90%以上の高確率としています。

これだけ言われてもピンときませんが、5年以内で10~20%程度の
確率だそうです。プロ野球の投手の打率が概ね1割程度であることを
考えるとそれなりの確率です。

いわば宮城県沖地震の余震ともいえる地震がこの確率ですから、
私たちの身近で起きると言われる南海・東南海地震はいつ起きても
不思議はないということでしょう。

そう考えると、日頃の備えや心構えがとても大切だということが分かります。

ところで平成の地震被害の体験から、かつて私たちが
地震時の対応として常識としていたことが書き換えられたり、
新たに常識とされたことがあるようです。

例えば地震発生時「まず火を止める」というのもよく聞く話ですが、
地震の際、無理に火を止めようとして火傷を負うケースも考えられます。

地震の揺れは、多くの場合、短時間でおさまりますから、
「まず身の安全を確保する」が、今の常識と言われています。

これまでも地震発生時に身を守る行動について「地震そのとき10の
ポイント」がまとめられていましたが、東北の地震をふまえその内容が
改定されました。

改定された内容は東京都総務局総合防災部防災管理課が
編集・発行した「東京防災」(P78~P79)にも掲載されていますので、
いちど確認されてはいかがでしょうか。

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1002147/

〇子供の身長はどこまで伸びる?

学生時代に「あと少し身長が伸びないかなぁ」と嘆息した方も
多いと思います。実際、毎日牛乳を飲んでいたという話はよく聞きます。

実際そのあたりの事情はどうなっているのでしょう。

巷でよく聞く「牛乳を飲むと背が伸びる」、「寝る子は育つ」、
「背の高さは遺伝による」という三つの項目について
2019年2月20日19:00配信のディスカバリーNEWSが検証しています。

結論から言うと、全てその通りのようです。

まず、骨の成長にはタンパク質が必要であるらしいこと、
睡眠時に分泌される成長ホルモンは骨の成長に大いに
影響するということはお聞き及びの方があるかもしれません。

また、マサチューセッツ工科大とハーバード大の共同研究により
「身長の80%は遺伝で決まる」ということがはっきりしたということです。

両親の身長から子供の最終的な身長を予測する計算式もあります。

男性 :(「両親の身長の合計」+13)÷2+2
女性 :(「両親の身長の合計」-13)÷2+2

あくまでも予測値なので必ずしも計算通りにはならないですが、
興味のある方は是非試算してみてください。

« CAVOK通信 第61号 | Main | CAVOK通信 第63号 »

メールマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CAVOK通信 第62号:

« CAVOK通信 第61号 | Main | CAVOK通信 第63号 »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

読んでみる

カウンター