Recent Trackbacks

« 家づくりQ&A 第77回 | Main | CAVOK通信 第41号 »

August 03, 2016

CAVOK通信 第31号

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

CAVOK通信 【第31号】

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

本メールは、日ごろお世話になっている方や名刺交換して頂いた方に向けて、

話題の提供として、また少しでもお役に立てればとお送りするものです。

今回初めて送信させていただいた方におかれましては、

今後ともよろしくお願いいたします。


----------------------------------------

■ I N D E X ■
----------------------------------------

【1】 ご挨拶 
  ---------------------------------------------------------

【2】 山の日

  ---------------------------------------------------------

【3】 ちょっとだけ「ポケモンGO」を考えてみる

  ---------------------------------------------------------

【4】 編集後記 


---------------------------------

【1】ご挨拶
---------------------------------

今回もこのような形で話題を発信いたします。

 少しでもお役に立てれば幸いです。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

                             平成28年8月吉日
               一級建築士事務所 CAVOK Architects

                                  土居 良助

                      e-mail QWH02474@nifty.com
             URL http://homepage2.nifty.com/CAVOK/

------------------------------------

【2】 山の日

-----------------------------------

梅雨明け以来、西日本は連日の酷暑です。中学や高校の総体も真っ盛りですし、

リオ五輪の話題も盛り上がりつつあり、まさに夏本番といった風情です。

そうした中で、ふとカレンダーに目をやると今年のカレンダーは

ちょっと違っています。お気づきになったでしょうか。

そうです。8月11日が祝日でお休みなのです。

この日は、今年から実施された『山の日』です。

日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や、以前から

「山の日」を制定していた地方自治体や自然保護団体などからの意見を

受けて2014年の法律改正によって制定されました。

決して7月の『海の日』の向こうを張ってできたという訳ではありません

(少しあるかもしれませんが)。

当初は8月12日を祝日とする案でしたが、1985年の日航機墜落事故と

同日のため11日に落ち着いたというエピソードがあります。

『山の日』の制定により、祝日の無い月は6月だけになりました。

ですが、休みが増えたとはいえ、学生はすでに夏休みに入っていますし、

多くの企業ではお盆の前後から有給取得が勧められているようですから、

実質的な影響は限定的かもしれません。

それになんといっても、山といえば7~8月がベストシーズンですから

8月に『山の日』というのはふさわしいと思います。

御多分に漏れず、この祝日も、将来はハッピーマンデー制度の

対象になる予定だそうです。

個人的には祝日がいつも月曜というのはつまらないことこの上ないのですが。

------------------------------------

【3】 ちょっとだけ「ポケモンGO」を考えてみる

------------------------------------

世間では「ポケモンGO」が空前の流行だそうです。

公園や神社仏閣や世界遺産、はては近所の見過ごしそうな旧跡まで、
スマホをもった人たちが徘徊しているそうです。

ですが、マスコミなどから聞こえてくるのは、「歩きスマホを助長し危険である」
という声です。

確かにその通りなのですが、否定的な話ばかりなのもどうかと思いますので、

この10日ほど自分自身でプレイしてみて気付いたことを述べてみます。

まず、アイテムなどが入手できるポイントが結構ユニークなことに気づきます。

名所旧跡やファストフード店だけでなく、近所のコミュニティセンターや、

普段なら見過ごしてしまいそうな石碑、街なかの彫刻などが設定されていました。

これらを巡って歩き回れば、ちょっとした街角探検です。

また、現実の世界に仮想の世界を反映させる技術に対する驚きがあります。

「現実に存在するものに対してコンピュータが情報をさらに付与し、

さらに強い・深い知覚を可能にする」といういわゆるAR(拡張現実)を

わかりやすい形で提示したことで、一般の理解を加速させるだろうと思います。

とにかく、古い世代の僕達では理解しかねる世界に若い世代の人々を一気に

連れて行ってしまったのではないでしょうか。

他にも、ポケモンを収集したり、育てたり、自身のキャラクターを

成長させたりするということは、ヒトが本来持っている本能的な部分を

いたく刺激するのではないかとも思います。

それよりなにより、我が家では、かつて子供たちがハマっていたポケモンの話題を中心に

子どもたちとの会話がより増えたということは特筆すべきことです。

とかく批判も多い「ポケモンGO」ですが、色々な切り口から様々なことを読み取れる

面白いアイテムだと思いました。

もうちょっとゲームを続けてみようと思っています。

------------------------------------

【4】 編集後記 

------------------------------------

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 今後ともよろしくお願いいたします。

------------------------------------

« 家づくりQ&A 第77回 | Main | CAVOK通信 第41号 »

メールマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CAVOK通信 第31号:

« 家づくりQ&A 第77回 | Main | CAVOK通信 第41号 »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

読んでみる

カウンター