Recent Trackbacks

« August 2015 | Main | October 2015 »

September 2015

September 01, 2015

CAVOK通信 第20号

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

CAVOK通信 【第20号】

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


----------------------------------------

■ I N D E X ■
----------------------------------------

【1】 ご挨拶 
  ---------------------------------------------------------

【2】 中秋の名月

  ---------------------------------------------------------

【3】 野菜炒めの極意

  ---------------------------------------------------------
【4】 編集後記


---------------------------------

【1】ご挨拶
---------------------------------

  ようやくしのぎやすい時期となりましたが、

  みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 今回もこのような形で話題を発信いたします。

 少しでもお役に立てれば幸いです。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

                            平成27年9月1日
               一級建築士事務所 CAVOK Architects

                                  土居 良助

                      e-mail QWH02474@nifty.com
             URL http://homepage2.nifty.com/CAVOK/

------------------------------------

【2】 中秋の名月

------------------------------------

今年の秋は残暑が厳しい予感がしていましたが、台風が過ぎると急に暑さも失速し

てしまったようです。このまま秋になるのでしょうか。

秋といえばお月見が思い出されます。

今年の十五夜は9月27日だそうです。天気が良ければいいですね。

この「十五夜」は満月を意味しており、新月から満月まで約15日ほどかかることから

「十五夜」と言われています。

このタイミングの月を「中秋の名月」といいますが、「仲秋の名月」と書いたものも見た

記憶があります。さて、意味はどうちがうのでしょう。

じつは「仲秋」は、旧暦8月の月をあらわし、十五夜に限定されなくなります。

少し詳しく説明しますと、「仲秋」とは、秋を初秋(旧暦7月)、仲秋(旧暦8月)、

晩秋(旧暦9月)の3つに区分した場合、旧暦8月全体を指す言葉なのです。

これに対して「中秋」とは「秋の中日」つまり旧暦の8月15日のみを指す言葉ですから、

「十五夜のお月様」を表現するには「中秋の名月」となります。

お月見には「月見の団子」がつきものです。我が家ではきなこの団子が定番です。

これも時代や地域によってさまざまで興味深いのですが、その話はまた次回に

とっておきましょう。ともかく、月見団子は今からちょっと楽しみです。

  

------------------------------------

【3】 野菜炒めの極意

------------------------------------

我が家では、母親が仕事の都合で夕食を作れない時には、僕や子供たちに

夕食準備の担当がまわってきます。

何でもできるという訳ではありませんが、独身時代が長く、必要にも迫られていた

過去があるので基本的な料理は何とかなります。

ですが、どうしてもうまくいかないメニューがありました。

それはカレーライスと野菜炒めです。

この二つはどうしても家族から合格点をもらえませんでした。

最近流行の自衛隊レシピを自分なりに再構築してから、カレーだけは

なんとか家族からリクエストされるようになりましたが、それもごく最近のことです。

ですが、野菜炒めはどうしても結果が出ません。

ちょっと落ち込んでいたところ、最近になってJBpress5月22日の記事

「野菜炒めがズブズブになってしまう人へのアドバイス」という記事を発見しました。

記事によると、失敗の主な原因は

―「たいてい炒めすぎることにあります。フライパンの中で火の通りがちょうどよい

状態だと、盛りつけたときには余熱によって野菜のシャキシャキ感がなくなりベタッと

してしまいます。」―ということだそうです。

また量も重要で、「フライパンの容量に対して、具は3分の2ぐらいのかさにとどめるように

したいですね。本当に上手に作りたいときには半分ぐらい」にすべきだそうです。

なるほど、振り返ってみるに炒める時間が長すぎる上に、一度に作る量も多すぎ

というのはまさに僕の野菜炒めです。

この記事を参考に、近々もういちど挑戦してみようと思います。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43838

------------------------------------

【5】 編集後記 

------------------------------------

国立競技場につづいて、大会エンブレムにもスキャンダルが発生してしまいました。

オリンピック東京大会開催までまだ5年もあります。先が思いやられます。

と書いたところで今日(9/1)、エンブレムはとうとう使用中止になったということ

を知りました。

先月からの一連の報道を見た限り、件のデザイナーは「オリンピックに関わる」ということを

安易に考えていたのではと感じていました。

8月18日付のJBpressの記事の中で音楽家の伊東乾さんは

『メダルと同じ公正性をもって、この歴史ある競技⼤会に関係するアートや表現も

クリーンであるべき、という⼀点に尽きます。』とまとめています。

僕もその通りだと思いました。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

------------------------------------

« August 2015 | Main | October 2015 »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

読んでみる

カウンター