Recent Trackbacks

« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 26, 2007

地震でした

今日の朝9時過ぎに、地震がありました。
東京で地震に慣れた身にとってはたいしたこと無かったんですが、向かいの家の3歳くらいの女の子はかなり怖かったらしく大泣きでした。震度4といえば、こっちでは大地震の範疇だから無理も無いんですが。

April 24, 2007

家庭訪問

昨日、小学校と幼稚園の担任による家庭訪問がありました。先々週入学式、入園式があったばかりだというのに、最近は昔に比べてスケジュールが前倒しなんですね。嫁さんは応接に大童だった様です。
東京在住の折、上の子の通っていた幼稚園(幼稚園に限らず、都内の学校はそうだった様ですが)で、防災頭巾の支給があったり、被災時の子供の引き取り訓練があったりと防災についてはかなり充実した対応振りでした。そういった対応にいたく感心した経験があるため、嫁さんは今回、特に防災について質問したそうです。で、その回答は、案の定というか、仕方ないことというか、そうした対応はなんらなされておらず、今後の検討課題であるとの事でした。
これでけ東海・東南海地震のことがいわれても、高松の人たちは、やはり毎年の風水害の方が切実のようです。
わたしも、他府県、特に関東圏に出なければあまり気にしていなかったかもしれません。

April 13, 2007

入学式雑感

早いもので、10日には上の子の入学式、昨日は下の子の入園式であった。お父さんも年を取るわけである。
この間まで上の子が通っていたし、リピーターの保護者も多いことから、幼稚園の入園式については何と無くいつもとおんなじ感じで、今年もよろしくお願いいたしますといったところであった。気がかりといえば、式典のあいだ三歳児がちゃんと座っていられるかどうかといった事くらいだった。
しかし、小学校の入学式ともなるとやはり非日常なのだろう。祖父母の出席率が高いのも驚きだが、和装で決めてくるおばあちゃんがいたことがさらに驚きだった。

April 11, 2007

環境問題って・・・

世間ではアル・ゴアの「不都合な真実」が流行っているらしい。不覚にもつい最近まで知らなかったのだが、私の周辺でもこの映画に言及する人たちが増えてきたので知るに及んだというわけである。私としては、「副大統領までやった人がドキュメンタリー?」ということで、ちょっと違和感なあという認識だった。で、そうしたイントロがあったうえで、たまたま「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」を読む機会があった。(最近、たかじんのここまでいって委員会でも紹介されたらしい。二番煎じっぽくなってちょっといやだが)
北極の氷が解けても海水面が上昇しない話や、紙ごみのリサイクルがなされてからの原料古紙の価格安定化の構造についての話は、ある意味衝撃的だった。
つまるところ「不都合な真実」もある種のプロパガンダというところだろう。一般人には反論しにくい、いわば「正義」の側に立って声高に発言する人たちには注意が必要のようだということは、昔も今も変わらないということか。

« March 2007 | Main | May 2007 »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

読んでみる

カウンター