Recent Trackbacks

« またも風邪 | Main | 大断面集成材 »

November 18, 2005

<ニセ耐震>事件

全くいやな事件である。というのは、この事件を聞いた時の私の感想である。というのも、この構造事務所はスケープゴートにされたのかなと思ったからである。以下は自分がニュースを見たり聞いたりした範囲なので、全く勝手な想像なのだが、まず最初に審査会社の内部監査で発覚したというが、これがまずうそ臭い。審査の担当者が確認時に気が付かない内容を(うそはうそなりに計算書としてはつじつまが合っているはず)、後日他部署の人間がそれ以外のものを含んだ多くの物件の内容を見てうそを見破るとはとても思えない。そもそも、うその確認が通ったとしても、中間検査で発覚するんじゃなかろうか。いくらアバウトな中間検査・配筋検査でも、鉄筋径やピッチが確認図と違っていれば気が付くだろう。この段階であれば善意の審査会社をだまそうとする設計と現場は(もしかしたらデベも)はグルなのはデフォだが、もしかしたら検査を合格にしてしまう審査会社もグルだったかもしれない。とすると、これは、絶対に発覚しないケースである。なのにばれたということは、どこかからタレコミがあったのだろう。それも審査会社でなく国交省の方へ直接。だから後で内部監査したように発表されたのではないかと思う。もしも構造事務所の全くの単独犯であるならば、元請の設計事務所も施工会社も審査会社もあまりにお粗末な気がする。さて、真相はどうなのだろうか。続報が興味深い。

« またも風邪 | Main | 大断面集成材 »

建築」カテゴリの記事

Comments

開発会社が胴元で、設計事務所、建設会社を抱き込んで荒稼ぎしていた…ってところでしょうか。
姉歯が怖くなって、検査機関に匿名内部告発(自首)…のような気がします。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference <ニセ耐震>事件:

« またも風邪 | Main | 大断面集成材 »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

読んでみる

カウンター